2017年5月28日に、鎌取コミュニティセンターにて母と子のための歩みの会が開催されました。今回は、小さなゲストを含め9名もの参加。

7月に出産を控えている若いご夫婦は、とある本に出会い賀久先生の存在を知ったそうです。鎌取コミュニティセンターのポスターでこの会を知り、初めての参加でした。先生が福岡県からいらしてくれてるのだと思っていたそうです。出産前に、賀久先生に会えたことで勇気に満たされていたように感じられました。

2人のお子さんを連れて、2回目の参加をしてくださった若いお母さんは「本当のことを教えてくれるところはここしかない」と。2か月前からの日常を振り返り、歩みの会の存在の奇跡を話していました。

子育て中の若い助産師さんは、ご自分のお子さんの体験から学童保育の現状を伝えてくれました。

全ての話に、気づきがいっぱい。
人のせいにしない自分作り、急がされています。気づいた人からひまわりの様に太陽に向かって明るく元気な成長を成し遂げていきます。

今、日本の社会は「子育て」と「介護」という家族問題に直面しています。一人で解決できることは、おそらく何もないでしょう。

貴方はどう行動しますか?